こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

人混みと、ひったくり犯のお話

ちょっとタイムリーな話題です。大阪万博、決定しましたね。喜ばしい事だと思います。そして、大阪在住として特別な思いもあります。

でもね、私、混雑する所苦手なんですよ。何せ田舎の山口から大都会大阪に嫁いできた身。いまだに天神祭や淀川花火大会なんて怖くて行けません。帰省先の小さなお祭りで満足している小市民です。あ、下関市民ですが海峡花火大会も億劫なほどの人混み嫌いです。すいません、何か盛り上がらない人で。

 

 とはいえ、昔は親と一緒に色々なイベントに連れて行ってもらってました。

今回は、そのお話です。多分小6頃の話です。

下関さかな祭り、って今でもあるのでしょうか。11月後半にあるのですが、海産物の直売と、ジャンボふく鍋が目玉のその名の通り魚の祭りです。

ここで、梢ファミリー(実家)のご紹介を。

父…仕事の都合で年に数回しか帰って来ない人。母…『亭主元気で留守がいい』を地でいく昭和のワンオペママ。姉…3歳年上。恐怖のワガママ&ドS姉さん。

 はい、こんな感じです。そして、さかな祭りには母と二人で行きました。姉はついて来ません。そういうの嫌いなので。お察しください。さかな祭り、ジャンボふく鍋が美味しいんです。野菜や豆腐も入ってて、ふくの出汁が出てて。ふくって、水炊きよりも味噌味が美味しいと思うんです。個人的な意見ですが。

まあそんな感じで、食べたり海産物買ったりと満喫し、そろそろ帰ろうかという頃。

本当にすごい人混みだったんです。ちょっと気を抜くと、母を見失うくらい。私は母のあとを一生懸命追いました。あ、あれは母のクラッチバッグ。 必死の思いで、母が小脇に抱えているクラッチバッグを引っ張りながら、ついて行きましたすると、母の歩調が早くなります。あれ?なんでだろう。私はさらに強くバッグを引っ張ります。すると、母はバッグを持ち直し、さらに早足で去ろうとします。ここでたまらず、

「お母さん!」と呼んでみました。母は振り返り、

「あぁ、あんたね。てっきりひったくりかと思ったわー」

…な、なんとぉ。私はひったくりだと思われていたのですね( ;∀;)どおりでやたら逃げていく感がありありだと思いました。

 

ひったくり、気をつけましょうね。大阪はひったくり多発地帯です。私は肩掛けバッグばかり持ってます。まあ、そもそもガタイがよいので、なかなか狙われにくいとは思うのですが。

 

今日はそんなお話でした。ありがとうございました。