こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

二度あることは三度なかった件

すっかり寒くなってきましたね。わが家は石油ヒーター、こたつの神アイテムをもう出しました。ってかね、わが家の家族、寒がりさんが多すぎるんです。私はわりとまだ我慢出来るほうです。ある年の年末、小雪降る中、真水で洗車したり、わざわざセルフのガソリンスタンドへ灯油の調達に行ったりしました。…あの時は自分、シンデレラかなとちょっと錯覚してしまうほどでした。え?家庭円満か?ええ、円満ですよ。多分、きっと、おそらく、もしかすると。

 

気を取り直しまして。今回はちょっとだけためになるお話です。この季節、私が身をもって知った、限りなく有益な話です。それではレッツゴー!

 

小学3年生の時。寒い冬に寝る時電気あんかを使っていました。電気あんか、わかります?湯たんぽの電気で暖まるやつみたいな感じです。電気あんかは基本、足の裏しか暖まりません。でも、寒いですよね。足の裏以外も、ちょっと暖めたくなりません?そこで小3の少女こずえは考えます。ちょっとだけなら、足の裏以外も暖めてみよう。ふくらはぎや足のすねあたりもちょっとあててみます。あぁ、あったかい(*´∀`*)

…夜が明けました。すねの辺りがなんだかジリジリします。見ると500円玉くらいの大きさほど、普通の皮膚の状態ではありません。何なんだぁ!これは!!

はい、低温やけどでした。整形外科で診てもらいました。数日すると、やけど部分が膨らみます。ハイソックスの上からもわかる、謎のぽっこり。やがてその水疱がはじけ、ジクジクするので化膿止めの薬を飲みます。まあ、完治までそんなにしんどいことはありませんでした。…が、やけどは痕が残ります。後悔ですね。

そして5年後の中2の時。寒い冬がまたやってきました。電気あんか、以後めっちゃ気をつけていました。しかし、足が冷たかったんです。悪魔の誘惑に負け、ちょっぴり足の甲を暖めてようかな…、いやいや、すぐに離すから、………寝てしまった。そして、またもや低温やけど。整形外科の先生に言われました。あんた5年前も同じことやってるね、と。恥の上塗りですね。以後、絶っっっ対に電気あんかは使うまいと心に誓いました。三度目はありませんよ。使ってないんですから。

 

皆様もお気をつけください。熱めのカイロとか、とにかく色々。まあ、ここまでのバカはそうそう居ないとは思うのですが。

やけどは痕が残ります。30年経った今も、うっすら残ってますからね。

 

今日はここまで。ありがとうございました。