こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

《オチなし》関ジャニ∞愛が溢れかえってしまった件

こんにちは、梢です。これを書いている当日は、クリスマスです。

我が家のサンタさんは大変です。なんたって、子供が寝ないから、いつプレゼントを置いたら良いの?って話です。

ちなみにあなた、もしくはお子さん、サンタさんをいつくらいまで信じてました?

我が家のエース、ピュアボーイ長男ちゃんは小学校の間じゅう、ずっとつきあってくれましたよ。よもや「下の子のために黙っててくれている」のか、「本気で信じている」ド天然なのか、確認するのも怖くなってきたくらいです。もう、親がやきもきするの嫌なので、去年にこっちからカミングアウトしちゃいましたよ。

小学校低学年の頃は本気でかわいかったです。毎年律儀にサンタさんに手紙を書くのです。

「サンタさん。僕は○○○が欲しいです。そして、僕の弟と妹にもなにかあげてください」って、本当に書いてたんですよ。なんて優しいお兄ちゃん。なのに、今となっては妹たちにうざがられる、かわいそうなお兄ちゃん。

 

ああ、なんか話がそれましたね。

 

そうです!今年ももうおしまいなんですよ!

なんかねえ、全体的に落ち着かない一年でしたね。

良いことも良くないこともたくさん有りすぎて、お腹いっぱい、やや胸やけ気味の年でした。

 こんな今年の気分をスッキリさせ、来年を気持ちよく迎えるために必要なもの、それは、

 

ジャニーズカウントダウンコンサート

 

これですよね。いや、私にとってはね。そうですねぇ、関ジャニ∞大好きになってから、もう数年間はきっちり録画しながらリアルタイムで観ています。寝室にポータブルテレビがあるんですけどね。約7年前に購入したものなので、ワンセグなんですよ。電波悪いとえらいことなんですよ。しかも、そろそろ充電池も痛んできた様子。うーん、この必死に録画したSDカード、どうなるんでしょうか。なんとか頑張って欲しいものです。

 

まあ、ジャニーズと私の話をダラダラとしますよ。

元々光GENJIが大昔好きだったとかいうのはのぞいて、純粋に一人にはまったのは、関ジャニ∞の村上君が多分初めてでしょうね。変わり者ですみません。

きっかけは、ちょうど長女を出産して、夜中授乳で起きたりする際に見始めた「月曜から夜ふかし」。

そうなんです。順番が根本的におかしいんです。

月曜から夜ふかし→村上君好きになる→関ジャニ∞好きになる→ジャニーズ全般好きになる

なんです。この順番で関ジャニ∞好きになった方がいらっしゃったら教えて欲しいくらいです。

その頃テレビからキスマイも好きになりましたね。初期のキスマイブサイクに胸キュンしてましたよ。乳児いると楽しみって、そのくらいしかないですもんね。

とにかく、村上君が好きなのは、底抜けにポジティブだったこと。

いじられても明るく返すし。気遣い、フォローが随所にみられるし。

家事に育児に息が詰まりそうな毎日を「ポジティブに生きてみよう」と思えるようになったのは、彼のおかげなんです。関ジャニ∞の曲にも何度も救われました。

よくよく考えてみたら、村上君を好きになる以前から、「LIFE~目の前の向こうへ~」の曲は聞いたことがあったんです。ああ、この曲いいなぁ、どこのバンドだろうって思ってて。関ジャニ∞だったんですね。もう、運命だったんですね(笑)

 

なので、関ジャニ∞のポジティブになれる曲を勝手に選んでみました。恋愛系の歌はちょっとまた番外編で(笑)かなり選曲おかしいですよ。

『ズッコケ男道』ポジティブソングの先駆けですね。女子でも共感できます。

『ワッハッハー』ちょっとマイナー?でも歌詞の「この空の雨雲ような、悲しみが全部消えて なくなればいいのに」で泣きましたよ、本気で。 隠れた名曲。

無責任ヒーロー』改めて聞くと、昭和も平成も終わっちゃうんですよね...。個人的には村上君の曲中のセリフ「笑っとったらええねん」が一番好きですね。人生これに尽きる、そう思います。

『LIFE~目の前の向こうへ~』今でもよく歌われる名曲。説明不要なほどの名曲。

『ER』『ER2』関ジャニ∞主演映画「エイトレンジャー」の主題歌。まとめて紹介します。映画見たことないんですけどね。どちらも歌詞が熱いです。

『へそ曲がり』武井咲、大倉君出演の深夜ドラマ主題歌でしたねー。この頃も悩むこと多かったんで、CD買って聞いては泣いてましたね。この曲で泣ける精神状態...ヤバイでしょ?w

『あおっぱな』丸山君出演ドラマの主題歌。これもストレートなまでに前向きソングですよね。赤っ恥、かきまくっても生きてやる!と元気づけられた一曲。

『キング オブ 男!』濃い曲好きですね、私。生田斗真君主演映画「土竜の唄」主題歌。こんなんばっかり聞いては自分を励ましてたんです。こじらせてますね。

『ひびき』あ、まともなバラード曲がようやく出てきました。これ、末っ子妊娠中、車の中で聞いていた曲なんです。あ、出産前日の妊婦検診まで、自分で運転して病院まで行ってたので。そこツッコまないでください。間もなく生まれてくる子供のことを思いながら聞いていたら、涙が止まらなくなって。いい曲です。「愛しき人よ聞いて これが最初の愛の歌なんだ」なんて、もう反則( ;∀;)

『ゆ』これはアルバム「関ジャニズム」にしか収録してない曲です。でも、いい曲なんです。タイトルの「ゆ」とは、夢の「ゆ」。スカっぽいメロディに、歌詞はポジティブ一色!いいですよ。

『勝手に仕上がれ』これはアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD」収録曲。OKAMOTO'S楽曲提供。ロックバンドみたいでカッコいいし、メンバーそれぞれの個性が出てて、いい曲。

『ふりむくわけにはいかないぜ』これも「関ジャニ∞の元気が出るCD」収録曲。もう、タイトルからしてわかりますよね。絶対ふりむくわけにはいかないんですよ(笑)クライマックスの歌詞「苦しむために生きないで あなた自身を愛してくれ 夜風が僕に告げたんだ 渡せよ 自分にラブレターを」なんて、またまた泣いちゃうじゃないですか!?(何回泣くんでしょうね、私)

『今』アルバム「ジャム」収録曲。楽曲提供が「ニセ明」となっていますが、これ、星野源ですからね(^_^;)もう、随所に星野テイストがみられる、ポップで前向きな曲です。「未来を作る 今 今 今」ですよ。

『NOROSHI』これも男気あふれた一曲。それもそのはず、生田斗真主演映画「土竜の唄」続編の主題歌。しかし、こんな曲に鼓舞され続けないと生きていけなかったこの環境ってどんだけ過酷だったんでしょうかね。思い返すとゾッとしますよね。

『生きろ』これもアルバム「ジャム」収録曲。サビの「何もなくたっていいから やりたいことなんて 夢や希望なんて なくたっていい ただひとつだけ あなたを生きて 誰でもないあなたを生きて 生きて」この歌詞に尽きますよね。ホント。なんでこんなに響く言葉を、届けてくれるんでしょうね。

 

関ジャニ∞は、嵐のようにデビューから順風満帆に売れたジャニーズではありません。売れなくて苦しい時期もあったし、メンバーの脱退もありました(すばる君の前にもね)。なのに、村上君はポジティブにちょっと自虐的なジャニーズキャラとしてお茶の間を笑わせてくれている。もうね、こんな私がちっぽけな悩みでウジウジしてる場合ではないなと、いつも思うのです。そして、苦労をしてきた関ジャニ∞だからこそ、上記の歌詞が心にズシンと届くのだと、本当に思います。

 

そう、色々あるけど、ふりむくわけにはいかないし、誰でもない私を生きるだけなんです。

 

気を取り直しまして。

今年のカウントダウンコンサートも楽しみだなーーー(*゚∀゚人゚∀゚*)♪

 

書き散らかったままの、こんな終わり方ですが。

読んでくださいまして、ありがとうございました。