こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

体調不良の思い出

こんばんは、ガチ体調不良の梢です。

早く休めよ!っていうツッコミ、ありがとうございます。

しかしね、ブログ更新しないと寂しいので、久しぶりにスマホからの短文記事をとりあえず載せときます。

 

 

今回、激烈な胃痛と発熱で寝込んでいるのですが、こんな症状の時の思い出話。

それは4年前の夏、明日は家族みんなで海水浴という一大イベントの前夜。

体調不良は突然訪れます。

夜中、急にお腹が下りはじめます。もうね、下り坂とかいうレベルじゃないの。バンジージャンプで落下みたいな。胃はキリキリ。寝たら治るかと思ったけど、翌朝も全然変わりませんでした。

でも、予定変更は出来ません。私の体調はというと、ちょっとの水を飲んでも、ミルク飲み人形並みにストレートで体内から出ていってしまいます。これはマズイ。本当にマズイ。

とりあえず、鎮痛薬を飲み、残りはバッグにありったけ入れ、車を運転することにしました。

あれ?鎮痛薬って飲んだあと車の運転大丈夫てしたっけ?あ、でも眠気はきませんでした。変な汗はかきましたが。

大阪から、淡路島までの道のり。神戸あたりで予定通りの渋滞。運転もしてないのに、横でイラつく夫。こっちは体調不良を隠して必死に運転してるのにー、と思うけど、とにかく子供のために、旅行の時くらいいい雰囲気でいたいじゃないてすか。必死で歯を食いしばって黙って運転しましたよ。

薬のおかげでその後は痛みもなく、なんとか海水浴場まで着きました。

海水浴ってことは、私、泳がなきゃいけないのね。あ、でも高校生の時は水泳部だったので、泳ぐの大好きだったのですが、体調不良でどこまでできるかは謎でした。

遠慮なく遊んで遊んでコールのおチビたち。はりきって浮き輪をひっぱったりして遊んであげましたよ。その時はまだ薬が効いてたせいか、痛みはなかったですね。

ただし、食べ物は一切口にしませんでした。だって、急降下怖いもん。

昼過ぎまで海で遊び、その後昼食を食べに行きます。

食べ物、嫌だなーと思いますが、何も食べない訳にもいかず、うどんを頼みました。

夏なのに、温かいうどん。

食べたあと、慌てて鎮痛薬を飲み、帰りの運転に備えました。

帰りもなんだかんだと渋滞してるし、ゲリラ豪雨には遭うし、けっこうな時間がかかって帰りました。

 

私って、本当に家庭平和のために身を削っていたのにねー。

ひとりで無理して抱え込むと、反動でとんでもないことになりますね。

でも、皆さん愛妻家の方が多くて、なんだかうらやましいです。

どこで道を間違えのかねぇ。

 

あぁ、胃が痛い…。では、本当に静養します。

皆さんも、体調にはお気をつけくださいね。