こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

朝帰りで聴く、残酷な天使のテーゼの件

こんにちは、エヴァンゲリオンにどハマり世代の昭和こじらせ女子、梢です。

エヴァと言えば『残酷な天使のテーゼ』。

そう思いませんか?まあ、今は新劇場版もあるのですが。

 

youtu.be

今日は約一年前、朝帰りしちゃったとある日の思い出のお話。

ドキドキするようなお話です。

 

ちょうど一年前のある金曜日のこと。

晩ごはんを食べている頃に夫が帰ってきました。お腹が痛いほど、お腹が空いていると帰るなりイラつきながら言い出す夫。慌てて私は晩ごはんの牛肉煮を用意しました。

牛肉煮って何?と思いました?牛丼の具だけですね。お酒を飲むときは夫は白ご飯要らない派なので、先に具だけ出した…と思います。結局白ご飯も食べたかな…。

慌ててかき込んで、 テレビを見ようかという夫。

その時。

「痛い!痛い!お腹が痛い!」と、うめき転がる夫。

今夜のおかずは完全加熱なものばかりだし、同じメニューを先に私達は食べてるので、食あたりではない。3月はじめだし、胃腸炎の風邪かな?胃が荒れてる時に食べ物入ると激痛走るからなぁ…、と見ていました。

「痛いからどうにかしろ!!!」というので、鎮痛薬を渡しました。

飲んでしばらくしても、痛みがおさまる様子はありません。病院に行った方が良いのか否か。まあ、我が夫、私の忠告を素直に聞く人ではありません。

あれよこれよの押し問答のすえ、病院に行くと決めたのは帰宅後3~4時間経った夜11時頃だったでしょうか。私は手際よく段取りをします。

私の住んでいる地域には、民間の大きな総合病院があります。車で15分程度のところです。夜間救急も対応出来る病院なので、電話をしてから夫を連れて行きました。子供達は寝てましたので、義母に任せて。

この地域の夜間救急の要なので、その夜受診しに来ていたのは10人以上でしょうか。ひたすら待ち続ける時間が続きます。夫は待合室で座ってもいられないので、先に診察室のベッドで横になることになりました。

ひとりぼっちの、長い長い待ち時間。

その頃、Twitterを知っていたら。

その頃、ブログでもやってたら。

その頃、スマホゲームでもやっていたら。

もっと快適に待てたでしょうに。電池残量は怖いですが。

その当時は何をしていたかというと、かろうじて入れていた、スマホアプリのクロスワードパズルやナンプレなどをひたすら解いてました。

まあぶっちゃけますとね、すっっっっごくヒマでした。

途中、たまーに呼ばれます。今日の容態がどう変化したかの問診的なことから、○○の検査をしますという説明やら同意を求める的なものなど。

それ以外は、完全放置プレイ。ええ。すがすがしいくらいに放置です。

スマホゲームの放置少女だったら、めちゃくちゃレベル上がってたでしょうね。

まぁ、放置おばさんは放置してもストレスしか上がりません。

ようやく検査もろもろ終わり、入院の手続きをしますと言われ、そこからまた待ち。ようやく夫を病室に運びこみ、入院の書類にサインをして。

その時、明け方4時過ぎです。待合室に5時間くらいいた事になるのね。

病名は、急性腸炎。腸のある箇所の血流の流れが悪く、むくんで炎症をおこしてるとか。たいした治療は不要ですが、絶食で安静です。病室の夫、やや謙虚になってました。

「あ…迷惑かけたな…。すまない…。」くらいの。そんなにおとなしく言われたら、「分かったから、とりあえず早く回復することを考えてね。」とか言っちゃうじゃないですか。

で、また午後に行くと約束し、病院をあとにします。

一睡もしてない頭で、自宅まで運転して帰ります。帰宅したら朝5時です。

まあ、土曜日だからいいじゃん!って思うでしょ?

違うんですよ。その日は小学校の公開授業の日だったんです!当時6年生である長男の合奏を見に行く予定だったんです!

どうするべ…。とりあえず仮眠とるか…と、小一時間寝ました。

で、すぐ起きて、小学生の息子2人を起こして、朝の支度をして、送り出して。

で、その後しばらくして私も学校へと向かいます。

タフな私とは言え、眠いものは眠いのよね。でも、わが子のためだし、前回の参観日が長男インフルエンザで欠席したので、こっちは必ず見ようと思ってたしね。

 6年生の合奏を見ました。合奏の曲、そう『残酷な天使のテーゼ』です。

…誰がチョイスしたのよ、コレを。音楽特化な長男の担任の先生でしょうかね。あ、長男の当時の担任の先生というのは、アラサーの男の先生で、なかなかユーモアあり、個人懇談ではちょいSなトークでドMな私の心をドキドキさせた人です。変な意味でなく、良い先生でした。卒業式では、袴姿で力強くピアノを弾いてらっしゃった。カッコいいなぁ…と素直に思いましたよ。

話がそれましたが、なんとか合奏も見届けられました。親としての役目は果たしました。

 

で、お昼ご飯を作って食べさせたら、私は病院に行かねばなりません。そう、今度は夫の世話ですな。必要そうな物を詰め、自転車で出発です。もちろん仮眠以外は寝てないですよ。

でね、病室ついたらね、明け方の謙虚さは早くも消滅してました…。

「月曜日は大事な会議があるから、早く退院するんだ。」とか、「こんな物持ってきても使わないだろう。そんなことより退院の相談をしてくれ。」とか。

・・・

・・・

お願いだからあと数週間入院しててくれないかな(๑>◡<๑)Շ^✩⃛

本気でそう思いました。

結局日曜日で退院。自宅ではあれこれますます注文が多くなり、大迷惑でしたよー。

あ、これが離婚に繋がったと思いました?

甘いですよ。この程度は日常茶飯事ですからね。慣れたものです。

 

でも、この1件はさすがに迷惑かけてくれましたからねー。

迷惑料として、退院してしばらく後にたっぷりあれこれ買わせました。

新しいセレモニースーツと、バッグと、オシャレ靴と普段履きの靴と。

バーゲン品だから、総額的にはそこまでの金額ではないですけどね。

 

とまあ、ふと思い出した、ちょうど1年前のお話でした。

2018年は波乱多き年でした。でも、起こるべくして起こったんだろうと思います。

悪い事ばかりでは無かったし。

Twitterと出会い、ブログを始め、こうして昔の事も笑い話にできちゃう。

今、私をとりまく環境、見守ってくださる皆様、本当にありがたいです。

毎回言ってますが、いつもいつも感謝してます。

 

今回も読んでくださいまして、ありがとうございました。