こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

借りぐらしのコズエッティ

今回もかなりオチのない話です。

Twitterで「引っ越します」ツイートをこの2日間くらいしていたと思いますが、実はこの3月中に、二度ほど住処を替える事になっていたのです。

本来なら、自宅から実家に引っ越すだけのはずだったのですが、あまりにも離婚前の自宅が荒れ過ぎまして、子供を連れて緊急脱出したのが今現在いる場所です。

そう、まさに借りぐらし。先月から密かに進められていた、ブロジェクト・アリエッティという暗号で呼ばれていた計画とはこの事です。

いや、分かりやす過ぎるでしょ!ってツッコミが入りそうですが(^o^;)

 

ここは、知り合いの方が所有する古い家。長屋風の造りの家ですね。

先月から色々と身の危険を感じ、相談した際にボロくても良いならと、ご好意で貸してもらっていた家です。

手を入れないと、住めないよ。と言うのを無理に大掃除だけで住むことにしたといういわくつき。でも、電気ガス水道はバッチリだったし、トイレや風呂釜はなぜだか新しめだったし、コレならいける!という確信はありました。

本来、ここに頼らず事態が収束するのが一番だったのですが。

しかし、結果として借りぐらししちゃったわけで。

 

あまりにここの暮らしが大変ながらも面白かったので、ブログに書く事にしました。

完全な自己満足で書いてます。

まず。

ガスは通っているけど、ガスコンロは無いわけで。知り合いからカセットコンロを借りました。ボンベ、2週間で10本くらい使いました。味噌汁を作ってから炒め物をするとか、頭の中で火を使う段取りを綿密に練らないと、ご飯の完成が遅くなってしまいます。冷蔵庫もないので、要冷蔵な食材は全て使い切り。ちょこまか買いに行かなきゃいけません。

さらに炊飯器は知り合いの方から処分寸前のをいただきました。とってもありがたい、ありがたいけど3合炊き。2合半以上を炊こうとすると、炊飯器の裏から蒸気が漏れて炊飯器のおしりがべっちゃりになります。2合ちょっとを炊くのを繰り返しました。そんな炊き方でも、ここで食べたお米の量は10キロ超。

 

そして暖房。電気式ストーブひとつとこたつ。だけ!

…よく風邪ひかなかったね…いや冗談抜きで。この冬はまだまだ寒波の度合いが低くて助かったわぁ…と思ったのもつかの間、後半の1週間は謎の寒波リターンズで参りました。週間天気の予想気温が下方修正されるのに戦々恐々としながら過ごしました。結局風邪引いたのは私だけ……。子供たち元気だなぁ…。

 

照明器具は元々ついていたものを利用。ナツメ球だけは各部屋切れていたので取り替えました。途中、居間のシーリングライトが「バキッ」という音とともに壊れまして。慌てて取り外し、他の部屋についていた照明器具を外して付け替えるというハプニングも発生しました。

 

お風呂は昔ながらの感じなので、狭いです。簡単に言うと皆さんのお風呂の約半分。そしてタイルは超冷たい。借りぐらし始めて、末っ子が「お風呂なぁ、せまくてボロいねん」とばぁば(私の母)にこぼしていました。まあ、追い焚き機能のあるお風呂で本当に良かったよね…。

 

トイレはちゃんと洋式ですよー。でも、場所がこれまた面白くて。裏庭?の廊下みたいな所を通らないと行けないのです。夜、子供達が安心してトイレに行けるように、裏庭にある電気は一晩中つけっぱなし。電気ストーブと言い、どれだけ電気代の請求がくるか怖くなってきました。

 

洗濯機?もちろん無いのでコインランドリーですよ。家じゅうにビニールひもで干すところを作って、干しまくりました。 

洗濯物干し関連と言い、他の物も含め、百均でとんでもなく散財しました。かなり近くに百均があったので、何か足りないものはすぐに買い足しましたね。

洗濯物干しのハンガー類、衣類を分別するためのボックス、台所関連のもの、その他消耗品…。

この2週間だけ、あの百均のお店は売り上げが爆上がりしたかもしれません。 

 

そんなこんなの借りぐらし。不便な事も多々あったり、「なんでアレを自宅から持ち出さなかったの?」「だって、あの状況じゃあ無理じゃん!?」なんて言う事もあったりでしたが、なにより子供達が楽しく暮らしていました。

人の顔色を見ないといけない、嫌な空気の流れる自宅よりも本当に楽しいと。

 私は九十九神を信じる方でして、モノにも心があるだろうと思っているのですが、きっとこの家に私達は受け入れてもらって、悪いようには思われてなかったんじゃないかなぁ…なんて勝手に思ってます。子供達も「この家、ちょっとボロいけど、住めたから感謝しないとね」と言うくらいです。

 

今日、お引越し。

私達を守ってくれたこの家に感謝をこめて掃除して、出発しようと思います。 

 

今回も、読んでくださいまして、ありがとうございました。