こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

完全ドキュメンタリー、車の選び方

こぼりさん主催の3000文字チャレンジ。

今回は『○○の選び方』。

実は現在進行系で車の購入を検討していまして。リアルタイムドキュメンタリーとして車の選び方を綴ってみようかと思っております。書き始めたこのタイミングではまだ購入は完了しておりません。この記事が終わる時には無事に決まっているのか!?私にもわからない展開です。それでは始めます!

 

私は昔から無類の車好き。カッコいい車を見るのが、免許を取る前から好きでした。なので、中学生の時に買った自転車に「フェアレディZ」なんて名前をつけるほど。中二病…というか中二だったんで、ご容赦くださいまし。フェアレディZ、カッコ良かったなぁ…。と言うか、1990年代後半の頃の車のフォルムが大好きで。カクカクのセダンもだし、当時のシルビアとか180SX(ワンエーティと読むのを元彼に教えてもらった)とか。とは言え自分が将来購入するとしても、そんな車種は選べないだろうなぁ…と思っていました。財力とかの問題ですね。けっこう現実的なんです。

…で、高校生の頃付き合ってた彼(上記と同一人物)が車を購入しました。ワインレッドのカローラレビン。元彼もスポーツカー系が好きで、スポーティーさと予算と実用性をすべて考慮しての購入でした。色のチョイスはシャアが好きだから(苦笑)。好きでしたね。純粋にかっこいいなーと思っていました。

そして私も免許を取り、しばらくは親のマツダ・ファミリア(黒)に乗っていたのですが。仕事で必要になる頃、さてさてお待ちかねの車の購入を検討する時期になりました。 

で、元彼と一緒に中古車販売店Gに最初に行ったのを覚えています。コンパクトカーを検討していたので、真っ赤な日産マーチ(フルモデルチェンジ前)を提案されたのでしたが。なんとなく内装がキレイじゃないとかなんとか元彼が言うし、まあ私も中古車ではあまり検討していなかったので、あっさりお断りしたのを覚えています。

 

で、結局最初に購入したのはトヨタ・ヴィッツの白。新車です。理由?当時ヴィッツが発売されたてで、「めっちゃ可愛い!!」と一目惚れしたからです。当時何も考えず、諸費用削るためにリモコンキーとかにしなかったのですが、あとから「ちょっぴり不便だな…」と思うようになりました。オプション選び大事。あ、愛称ビビの助君でした。

 

そしてヴィッツに乗って最初の車検も迎えないうちに、あっさり車を買い替えました。連休中、暇つぶしに行ったはずのディーラーで、運命の出会いがあったのです。そう、ヤツの名はキュー太郎。一番長く乗った、日産キューブです。なぜ購入して間もないビビの助を手放すほどに惚れ込んだのか? 

・フルモデルチェンジ直前で、欲しい装備が全部ついていた。

バックドアが半分開く、ガラスハッチがついていた(仕事の上で超便利だった)

・薄い紫色のボディーカラーに惚れた。(オパールラベンダーという色)

・心地よい程度のちょいS気味な営業のおじさまにしてやられた。

といったところでしょうか。

キュー太郎とのカーライフは本当に本当に楽しかったと今でも思います。キュー太郎は結婚前から乗り、第3子である長女ちゃんが生まれたあとまでずっと乗ってました。約十年、最高の相棒だったなぁ。

 

そしてわが家のその次の車、日産セレナのセレ次郎さん。

長女ちゃんが生まれ、キュー太郎では家族全員乗れない!と購入を検討し始めた頃。「セレナがいいんじゃない?」と提案したのは私なのですが。しかし、装備やオプションを決めたのは夫(ゴタゴタ中)なので、そこにはあまり言及できませんでした。でも、いい車だったなぁ…。今、生き別れになってしまってるのですが、乗れることなら引き取りたい。でも、今のゴタゴタでは無理なんだろうなぁ…。

 

…で。ようやく現在の話になります。

出戻ってきて数日。この状態で早く車を購入しなければいけない事情とは。

そう、仕事に使うからです。結婚前と同じ仕事に就く予定の私。必然的にあちこちの現場に移動するための車が必要になるのです。

そして独身時代とは決定的に違う事。

 

予算が厳しい事(泣)

 

もうね、泣きそう。私的に厳しい予算設定をしていたはずなのですが、実家の親にはそれをさらに下回る予算設定を促され。まぁね、そりゃそうですよ。今から未来ある可愛い子供達を育てるんですもの。親のエゴで良い車になんか乗れません。でもね…ホントに厳しい予算設定なの…。

 ちなみにそんな予算で探したいものはこんな感じ。

・次男よりも年下(2010年式以降)

・走行距離少なめ

・軽自動車、出来ればトールタイプ

・予算はヒミツ(営業さんに嫌がられるほど低め)

・色、車種は不問。装備少なくてもやむなし。

 

とりあえず大手中古車販売店Gに行ってきました。こんな厳しい条件で、どんなの出してくるのかな?と思っていたら、なかなかの物件を持ってくるじゃないですか!さすが大手!「年度末なんで、すぐに売れちゃうかもですよー」と食い気味の営業のお姉さん。でもねでもね、ホントにここで決めていいのかなぁ?と疑念が頭をよぎります。なのでとりあえず検討で家に帰りました。でも、今でも最有力候補。年数も、走行距離もギリ合格ライン。それで予算内。一日中、「アレでもいいけどなぁ…いやいや、ちゃんと他も調べないと」と自問自答していたほど。でもなー、カーナビついてないのよね。いや、なくてもいいと言えばいいかもしれないけど。

その日の夕方、もう一つの販売店に行きました。Sという某ディーラー兼中古車販売店。で、ですよ。ここで大問題発生です。中古車営業担当の方が、上記の元彼にそっくりだったんです!その方が来られた時から軽くパニックですよ。名刺をみて、別人と分かっているのにそれでも似てる。ってか、あの二重な目元のフェイスはモロ好みっす。商談が頭に入りません。…ってのは半分冗談で、ちゃんと話を聞きました。そこの在庫ではGの最有力候補を超えるものはありませんでした。予算と条件にギリギリ合いそうなものはあったのですが、内装がやば過ぎて、私的には完全アウトでした。だって、タバコ焼けの穴が運転席のシートにあるし。パッと見で引いちゃいました。ごめんね、元彼似のイケメン君。

 

そして翌日。今度は別の店に行ってくることにしました。地元密着型の販売店さん。新古車も扱っているのですが、新古車は贅沢よっっっ(涙)中古車コーナーに案内され、条件に合いそうな車をオススメされました。

むむむむむ、これはなかなか…。しかし、あきらかに予算オーバーです。でも…と具体的な見積もりを出してもらい、交渉スタート。

・・・

・・・

・・・

結論から言うと、決めちゃいました。

 

決めた理由と、上に書いていた条件とのすり合わせはどうなったのかも書いていきますね。

・次男よりも年下→○。次男より1歳下の8歳です。

・走行距離→△。理想よりも少しオーバー、でもここは妥協で。

・軽自動車、トールタイプ→◎。スライドドア付きなのでバッチリ。

・予算→ウン万円オーバー。でも、下に書きますが理由があるのです。

・色、車種→黒のダイハツタントでした。黒なぁ…と思いつつ、変な灰色とかよりまだ良しとしましょう。ここも合格ラインで。

そして、これに決めた理由。 

・装備が充実している。

そうなんです。まず最初にびっくりしたのは、なかなか新しめなカーナビがついている。そして、オーディオにUSBが差せそう。そしてインテリジェントキー。G店の最有力候補は、普通のキー差してグリンと回してエンジンスタート型だったので。そしてオーディオはCDラジオのみ。カーナビ無し。ここはなかなかの好条件です。

・えげつないほどの価格交渉に応じてくれた

…営業さん、ごめんなさいね。ホントに無茶苦茶無理を言いました。そこまで引いてもまだ予算オーバー気味ですが、上に書いた通り装備がいいので…。

・車検までが一年半あった。

これも大事。諸費用は出来る限り抑えたいです。

・現物を見られた

G店はネットでの画像のみで、現物は他県にあるそうです。なので、もしあの車に決めていたとしても、取り寄せになるので納車はちょっと遅くなります。それも覚悟の上で、値段と走行距離が良いので最有力候補ではあったのですが。しかも、もしかするとネットの写真だけだったので、現物みたら「思ってたんと違う」が発生していたかもしれません。しかし、決めた車は現物を見て、前のS店の車とは違う事を確認。タバコ臭さも、異様な傷、汚れもあまりなく、「この程度の使用感なら許容範囲かな…。」と納得できたのが良かった。

 

と、いう事で親にちょっぴりお小言を言われながらも、黒のダイハツタントで無事契約いたしました。納車は来週~♪

あぁ、やはり車選びって良いですね。ホントに車が大好きなので、乗るのも楽しみ、選ぶのも楽しみ。良い買い物できたと思います。これからよろしくね。

 

あと、最後に車選びに関してもう一度大事なことを書いておきます。

オプションはたくさんついてた方がお得。だって、あとからつけようと思ったら割高になっちゃうんですもの。予算はオーバーしましたが、G店の最有力候補にあとからつけたことを考えたら、きっと割安で済んだんだろうと。

…という、車の選び方でした。

 

今回も読んでくださいまして、ありがとうございました。

 

後日談。納車された車についてはこちらをご覧ください。

www.kozuechan.work