こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

6月15日。 #3000文字雨

これは、なかのさん主催の「3000文字チャレンジ」の「3000文字雨」の記事です。

 

本当は、ちゃんとしたエッセイを書こうと思っていたのですが、今日の出来事があまりに山あり谷あり過ぎて、ただただあったことだけを書いてみようと思います。

これで3000文字行くのかなぁ…。不安だけどやってみます。

 

雨の降る、ある一日の完全再現。

朝。まあ7時ごろ起床。土曜なのでのんびりといきたい所なのですが、本日は朝から予定が入っております。まずはゴロリとしたままTwitterを開きます。タコ垢で下書きに入れていた朝ツイートを投下し、軽く通知とTLを見たら、着替え始めます。あ、タコ垢は朝ツイートは事前に考えてあるのです。じゃないと朝ツイート考えるのに時間かかって支度が遅くなるので。ちなみにまだあのアカウントがタコじゃなくてちゃんとした人間だった頃は、朝ツイートは朝思いついたものをきちんと文章化してツイートしてました。ピーク時は朝ツイートからのリプ返しで30分以上かかってました。皆さんにリプもらえるのって本当に光栄なんですが、本垢が活動ピークの時みたいに時間が割けないのが現状なので、今くらいの規模で出来るのがありがたいです。

 

…で、本日の予定と言いますのが、次男の習い事のバレーボールクラブの練習が朝からだったのです。で、いつもなら自分の通っている小学校で練習するのですが、今回はたまたま別の小学校で9時からという事になっていました。先週の土曜は時間変更の連絡入っていたのに気づかず失敗して自己嫌悪に陥っていたので、今回ばかりは責任重大です。絶対に今回は間違いなく送るぞ!と。で、その小学校がちょっと遠いんです。車で片道30~40分くらいかかる。なので、次男を着替えさせご飯を軽く食べさせ、8時20分には出ないと、と。ちなみにこういう日の他のきょうだいの対応はと言うと、長女次女にはついてくるか確認します。ついてくるなら着替えなさいとか、何時間か退屈するかもよ、と言うと「じゃあ、家でじいじと待っとくー。」とたいてい言います。今回もそうでした。なので、とりあえず下二人はクリア。そして長男。…起きない。揺すってみる。なんか返事のような声がする。

「おーい、みっちー、聞いてるのー?バレー送ってくるから、留守番頼むよー。妹もたまには気にかけてあげてよー。あと、何かあったらLINE入れるから、ちゃんと見るようにしてよー。」

しかし、返事は無かった。うーん、仕方ないけど放置で。

そしてようやく出発です。関ジャニ∞のベストアルバムを聞きながら、軽快に走り始めます。結婚してから15年ほど地元を離れていたわけなのですが、結婚前の仕事のおかげで、今でもかなり広範囲に土地勘があります。今回行く場所もそう。仕事で近くに行ったことあるので、イメージはわく。車内で次男と色々な話をします。今向かっている方面は仕事で行ったことあるから道はよくわかるんだよー、とか、その場所はちょっと前に市と町が合併したところなので、ママが仕事していた時は、別の町だったんだよーとか。そんなこんなで到着です。迷わず、時間通り、ばっちりじゃん!そして、その小学校の体育館へと連れて歩きます。他のメンバーにあいさつしながら、階段を降りて体育館へ…って時に、大事件発生です。

雨だったので、次男が階段で滑って尻もちをついてしまいました。コンクリの階段だから、かなりの打撲だったようです。そこから動けません。他のメンバーの保護者の方も寄ってきて心配してくださいます。スプレーで冷やしたりもしましたが、痛みも引かないようなので、本日の練習はお休みさせてもらう事になりました…。まぁ、本人の具合が最優先なんでね。そして、また30分かけて来た道を戻ります。この時点で長男にLINEをしました。「次男が練習前にケガしてお休みになったので、病院受診して帰る。」と。しかし既読もつかず。スタンプ連打したものの、反応なし。うーん、腹立つ。

帰り道に整形外科があるのを調べたので、そこで一応診てもらおうと。そして病院到着。次男寝てる。起こす。受付する。けっこう待たされる。診察する。レントゲン撮る。異常無いのわかる。診察する。まあ大丈夫でしょうと言われる。お金払う。出る。家帰る。

長男はまだ寝てました。そりゃ既読つくわけないな…。もう昼前だったので、お昼を作って食べました。肌寒かったので袋のインスタントラーメン。その後、晩ご飯の買い物へ行きました。

その後、長女と次女からの「ヒマだ!外で遊びたい!どこか連れて行って!」コールが。しかし、まだ雨は降っています。外無理やん…。仕方ないので「よし、近くのゲーセンに連れていく!」と言って、長男以外の3人を連れて行きました。長男はまだ寝てました。車で10分のところにあるゲーセン。こんなの、15年前には無かった。店の移り変わりに関しては、浦島太郎状態になるんです。そのゲーセンは、無料で遊べるキッズスペースもあり、結構時間つぶせそうな感じで。案の定3人はキッズスペースで跳んだり跳ねたり大騒ぎ。それを横目に見つつ、気になるのは「ギタドラ」の筐体。

だってさぁ、音ゲーシリーズなんて青春真っただ中の頃に遊びまくってたやつですやん。そんなの、やりたくなりますやん。うずうず。子供も見守りつつ、うずうず。

ついに子供たちに言います。「ママ、一回これするわ。」子供たちが見守る中1回だけプレイ。やばい、操作方法も何もかも忘れてる。3曲、なんとか弾けたなー程度のレベルでした。本物の楽器やってる人は本気ですごいと思う。だって、偽物のゲームでもへっぽこなんですもの。でも、久しぶりで楽しかった。その後は末っ子とマリオカートして、その後メダルゲームでちょっと派手(?)に遊んで、そしてやっと帰路につきました。

帰れば晩ご飯の支度が待っています。あ、長男今頃起きたの。ここまでだらだら寝てたのは珍しいですね。ようやくLINE不通だったことに関して注意をすることが出来ました。母不在の時くらい、枕もとにタブレット置いてLINE対応くらいしろよと。全く連絡が行き届かんやん、って。

晩ご飯食べてから、次男に誘われて公園でバレーボールの練習に付き合いました。私自身、体育の授業でやった程度なのですが、まあ一応ある程度は出来るので、サーブ・レシーブなどを一緒にやっていました。そんな時、私の打ったサーブが高く上がり過ぎちゃって。公園の裏は4~5メートルの擁壁があり、その裏は山なのですが、その裏山にボールが飛んで行ってしまい、取れなくなってしまいました。

しまった。大事なバレーボールだったのに。親として情けなくなっちゃって。何としてでも回収せねばと、裏山に上るとあるルートからボールのある位置まで行こうと試みました。子供の頃に、行ったことある山道、歳は取ったけど、なんとかなる!と訳の分からない自信で裏山に分け入りました。雨上がりで、相当ぬかるんだ道。そして途中の木が朽ちてる上に雨でふやけてて、握るとボロボロするものも。更に道なき道だし、でも必死にボールのあるあたりまで行こうとしたのですが。4~5メートル下の公園から、次男が声をかけてきます。「ママー、もう少し奥だよー。」「はいはい、ちょっと移動してみるから」と、擁壁の淵を歩こうとしているつもりだったのに、次男が「ママ、足が半分落ちかかってる」と言うので足元見てビックリです。ホントに擁壁の淵から足がはみ出てたのに気づかんかった…。危うく落ちるところでした。しかし、そこの地点よりも奥はどうやっても進めなさそう。諦めて、元来た道を戻ることに。って言ってもね、戻るのもまたどえらいことなんですよ。やっとの思いで戻ってきました。そして、今度は脚立を持ってボールを取りに行ったものの、やっぱり届かない。この時、夜の7時半くらい。とりあえず、諦めることにしました。次男も「気にしなくていいよ」とは言ってくれてますが、やっぱり申し訳ないなと。なので、長女と末っ子をお風呂に入れた後、なんとか夜9時まで開いているスポーツ用品店へ行き、バレーボールを弁償することにしました。次男は「良かったのに」と言いますが、機嫌悪くなると何かたまに言う時もありますからね。一応、親の責任は果たした…でしょうか。

そして、レンタルしていたCDを返却しました。期限は翌日までなのですが、翌日は小学校の行事なのです。

そんなこんなで、やっと一日が終了です。

雨の日の、ちょっとイレギュラー対応がものすんごく多かった一日。

いつもはここまでは重なりませんが、良い日でこの日の40%くらいの忙しさ、普通の日でこの日の60%くらいの忙しさはあります。

 

あっ、しまった。赤しそ買ってきたから、シソジュース作ろうと思っていたのに。

こんな忙しさだから、作れなかったな。明日にしよう…。

 

貴重なお時間で、こんなよくわからない日常を見てくださり、ありがとうございました。