こずえさんのブログだよ。全員集合!

ひたすら無益。くすっと笑ってもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

○○大喜利やってみた

 

f:id:aimyptaofficer:20190824002918j:plain

 

前回のブログは真面目モード全開でしたね。

こんな記事でした。まだ読んでない方は読んでみて下さい。

PVすんごかった記事なのです。

kozuechan.hatenadiary.jp

 

こんなことも多少は考える時もあるんです。

でも、いつものモットーは「まじめにふまじめ」なのです。

そう、かいけつゾロリなのです。知らない人意味不明ですんません。

 

本当は「正常性バイアス」について語りたかったんですが、また次回の機会に…。

 

でも今回はおふざけ満開にしかならないようですね…。

 

で、本題。

最近息子たちと懐かしい音楽を色々聞いてまして。

なんたってこの母親はちょっと変わっています。そう、破天荒☆なのです。

9歳のちょっと尖がった次男に尾崎豊を聞かせてみまして。そしたら気に入ったようで、一緒に歌ってくれます。

 

せーーーーーのっっっ!!!

 

ぬーすんだばーいくではーしりだすーーー

ってね。

あは、あはははははは・・・

 

でも、現代社会はやたらとコンプライアンスだなんだって言いすぎで、なんだか窮屈ですよね。ちょっとアウトローに見えても、尾崎豊さんのこの世界観が言いたかったことを息子たちが感じてくれたらなぁ、なんて。

 

「15の夜」の中には良い歌詞がありまして。『大人たちは心を捨てろ捨てろと言うが・・・』って部分、まさに自分たちの父親を投影しているのかもしれません。そうやって今から突入する思春期や、何かに悩んだ時に何かの糧になってくれたらいいなぁ…なんて思いつつ。

 

でもね、ただただ真面目には聞いてくれないんですよね、我が息子たち。

そう、○○大喜利が始まるのです。。。

 

きっかけは関ジャニ∞の歌「言ったじゃないか」に乗せて、我が家の自虐あるあるを大喜利し始めたところから。

 

例えば。

「離婚するってー 言ったじゃないーかー」

「親権 ゆずるってーー 言ったじゃないーかー」

「文句ー 言わないってー 言ったじゃないーかー」

・・・などと、どんどん替え歌にしていって下さるのです。

 

・・・おーい、ちょっとエグすぎるネタはやめてね…。悲しくなるから(TT)

で、いつもこんな感じの愉快な母と息子たちなのですが、今回また新しい○○大喜利を始めてくださいました。

 

名付けて、息子たちによる「ええねん」大喜利。そう、ウルフルズの名曲「ええねん」を冒涜しかねない、危ない仕上がりになっております(汗

 

まあ、あとの事は考えない!いってみましょう!

 

♪~~~(ええねんのイントロをイメージしてください)

 

別居したらええねん

夫捨てればええねん

実家帰ればええねん

離婚したらええねん

それでええねん ええねん

 

うううううううぉぉぉぉーーーいっっっっ!!!

私はいいけどさ、いいけどさ!!!

そこまで自分の父親を悪く言えますかい????

てかどんだけ嫌ってるのさぁ・・・(滝汗

 

いっっっっつもこんなネタばかりぶっこんでくる我が息子たち。

もうさ、呆れを通り越して、「よくそこまで言えるよねぇ…」っていう、変な感心しかないですよね(--;)

 

夏休み。

だらける息子たちに吠えることも多々でした。

でも、根底にあるのは「ええねん」な気持ち。

母からのアンサー「ええねん」大喜利

 

宿題遅くてもええねん

ゲームしててもええねん

きょうだい喧嘩もええねん

夜更かしててもええねん

ダラダラしててもええねん

怒られてもええねん

たまに頑張ればええねん

バレーに夢中でええねん

悔しい思いもええねん

心配せんでええねん

まっすぐ生きればええねん

それでええねん それだけで ええねん

 

あと数日で2学期開始の息子たち。

人がどうのこうの、ではなく、自分が自分をちょっとずつ超えていけるような、充実した学校生活になりますように。

 

ありがとうございました。